所長阿部が折りにふれて感じたこと、考えたことをちょっとした言葉にしてみようと思いつきました。 人生でNAVIが必要だな・・・どうやって生きて行ったらいいの?って思うこともありますが、あんまりがむしゃらに突っ走るばかりでなく、時々ほっと一息ついたり、遠回りになるけれど道草も大事ですよね。道草の途中で、意義深いものや自然に出会ったり、人に出会ったりして、人生が大きく変わることもあるのかも。"カウンセリング"も道草の一つかもしれません。目的地にとらわれない道草的NAVIって面白くありませんか?

第153回(2017.10.25.)「新しいことに挑戦してみました!」

春日部の東口からイオンモールに向かうバスに乗って「春日部女子校入口」というバス停の次の「樋堀西」(ヒボリニシ)というバス停から歩いてすぐの、「ボルダリングサイトB3」というところに、先日、行ってみました。2年前にできたお店で、いつもイオンモールに行く時に横を通るたびに、「面白そう!」「やってみたいな!」とは思っていましたが、なかなか、決心がつかなくて行けませんでした。事務のHさんも「やってみたい」と言われるので、「じゃあ、一緒に」ということになりました。

 

 ボルダリング(クライミング)というと、テレビなどで見ていると、「上まで壁を登ると滑車とロープで、下に下がってくるイメージ」がありましたが、ここはそんなに高くない壁(5-6m?)なので、下に厚めのマットが敷かれており、自分で降りてきて、そのマットの上に着地するという感じで、安全で手軽にボルダリングを体験できました。

 

f:id:abemarico:20180319145140p:plain

 

 最初に、お店の女性(インストラクター)から簡単に説明を聞いて、壁のいろいろな色と形の突起部分に、手と足を置いて、上に登って行きます。なかなか難しくて、思うように上に上がれなくて、何度も断念したりしました。

 

 初心者用のコースや子ども用のコースがあり、できるだけ簡単なものに挑戦しました。しかし、それでも、手のつかみ方や、足の置き方が難しかったり、ちょっと上に上がると怖かったりして、しばし、床に降りて、壁を眺めているだけの茫然自失の時間も長く過ぎました。3時間ということで時間を取ったのですが、結局2時間くらい、試行錯誤で壁に挑戦していました。

事務のHさんは若いのもあって、ずいぶん元気に何度も何度も難しい上のコースの壁にも挑戦されていました。

f:id:abemarico:20180319145153p:plain

 私には「ゴールはとても無理かな?」と思っていましたが、最後に、子ども用の壁のコースに挑戦し、お店の方にもアドバイスいただきながら、登って行くと、ゴールに到達することができました(ゴールと書いた突起を両手でつかんで10秒ほど数えるとOK)。その時の、爽快感・達成感と言ったら、あまり日常では感じないものでした。とてもすっきりした感じ。みなさんも、ボルダリングに挑戦してみませんか?楽しいですよ。