臨床心理士 阿部真里子の気まぐれ道草NAVI

所長阿部が折りにふれて感じたこと、考えたことをちょっとした言葉にしてみようと思いつきました。 人生でNAVIが必要だな・・・どうやって生きて行ったらいいの?って思うこともありますが、あんまりがむしゃらに突っ走るばかりでなく、時々ほっと一息ついたり、遠回りになるけれど道草も大事ですよね。道草の途中で、意義深いものや自然に出会ったり、人に出会ったりして、人生が大きく変わることもあるのかも。"カウンセリング"も道草の一つかもしれません。目的地にとらわれない道草的NAVIって面白くありませんか?

第209回(2022.11.4.)「公園のイチョウも色づき、秋めいてきましね!」

 

 10月は忙しくて、気まぐれナビを更新できませんでした。申し訳ありません。

9月30日(金)に阿部真里子臨床心理オフィスに春日部のゆるキャラ「とろ☆りん」が来てくれました!

 


まだ、アップされていないようですが、もう少ししたら、その様子がアップされるのではないでしょうか。春日部のお店の魅力を伝える活動をしておられるNPO法人 藤源郷という団体の方たち5人ほど(代表の方、とろ☆りん、司会者二人、カメラマンさん)がいらしてオフィスがどんな所かをインタヴューして、YouTubeの「とろ☆りん チャンネル」(https://youtube.com/channel/UCVbUwCabml-OaR9TBbzHNxg)で宣伝してくださるとのこと。オフィスの歴史や、カウンセリングのことなど、詳しくお話ししました。

 オフィスのマンション隣の1階にある文房具屋さんの「ペンヤさん」や、向かいの「MAZミュージック・スクール」や、近くの「花勘さん」(お花屋さん)や「ボーダーカフェ」にも「とろ☆りん」がやって来たそうで、ミュージック・スクールでは「とろ☆りん」が「ドラム演奏」を体験していました。そこで、オフィスでは「箱庭療法」体験を「とろ☆りん」に代わって司会者の「モモ」さんと「やぎゅーっち」にしていただきました。アップされる日を首を長~くして待っています。アップされたら、皆さんも是非、ご覧くださいネ!!

 

10月15(土)~17日(月)は大阪・淡路島に3年ぶりの旅行に行ってきました!全国旅行支援も予約してあったので、バッチリ、使えました!!前の旅行が2019年10月に、北海道に外乗(乗馬)に行ったきりですから、だいぶ空いていますよね。ちょうど、3年ぶり。

 

新越谷のリムジンバスで、羽田空港まで行って、伊丹空港まで搭乗しました。ずいぶん飛行機に乗っていないので、保安検査など、コロナもあるし、どうなっているかな?と思い、ずいぶん、早めに行きました。乗ってしまえば、早いのですが、飛行機の場合、道路が混んだらどうしようというのと、この保安検査などの時間が読めないので、厄介ですよね。

 

チェックインも自動チェックイン機で行うし、荷物のカバンを預けるのも機械です。カバンに付ける識別票が自動的に印刷されて出てきて、それをカバンに自分で付けます。少々、戸惑いながら、グランドのCAさんに手伝ってもらいつつ済ませて、保安検査場へ。靴まで脱いで検査されている方(厚底ブーツ)もいました。丁寧に検査しているようで、X線検査で荷物をはねられ、再度、中を調べられている方もいました。羽田―伊丹間の搭乗時間は1時間ですが、飛行機に乗ったら、正味飛んでいる時間は30分くらいだったような感じで、あっという間に伊丹空港に着きました。伊丹空港から車で15分のところに住まれている友人のOさんに自動車で迎えに来ていただいて、伊丹のホールへ。その前にブリュワリーレストラン「白雪」で昼食を取りました。ステーキランチで豪勢でしたね。

 





 

ホールまで歩いて行く途中で、白雪の酒造会社のお酒の蔵を資料館として、公開しているのを見たので、入ってみましたら、大きな酒樽や、お酒を絞るのに使った道具などの展示があり、とても面白かったです。何度もお米を蒸しては広げて冷まし、発酵させ、あんなにも、お酒を造るのが時間のかかる大変な作業なのだということがよくわかりました。


<酒蔵跡の資料館>


<酒樽>


<釜や酒米を入れる桶>


<お酒を絞る装置です>

 

伊丹のアイフォニックス・ホールは素晴らしいホールでした。私が馬頭琴を習っている師匠の美炎先生(馬頭琴)と、アルパの池山由香さん、ハープの中村愛さん の3人で奏でるコンサートで、それぞれの楽器をどんな楽器か説明もあり、ソロだったり、ペアだったり、全員で弾いたりで最後まで全く飽きませんでした。


<伊丹市愛フォニックス・ホール外観>


 

<伊丹市のアイフォニックス・ホール:練習風景>


 いつもながらの、馬に関連した美炎先生のオリジナル曲もたくさん聴けて、また、アルパやハープでの「ニュー・シネマパラダイス」や「リトルマーメイド」の演奏が印象に残りました。

 

 友人のOさんの豊中の家に少し寄って、一休みし、ギリギリに私のスマホに届いた旅行会社からの旅行支援の書類をプリントアウトして、夕食は豊中の「うえの」という料亭にご案内いただいて、15日の夜は大阪のできたばかりの阪急レスパイアホテルに泊まりました。翌朝は早朝の淡路島行きの高速バスに乗り、淡路島へ。2時間半ほど時間がかかりました。淡路島は瀬戸内海に浮かぶ縦長の島で、神戸の明石海峡の橋で本州とつながっており、向うは鳴門海峡の橋で四国鳴門市とつながっているということを知りました。青い海と青い空に白い巨大な橋の上を高速で走って淡路島へ。今まで、八丈島、佐渡が島、屋久島に行ったことがありますが、陸続きの島に行くのは初めてで、面白く思いました。洲本のバスセンターに着いて、レンタカーを借り、お昼も近いので、イングランドの丘というテーマパークに寄って、生しらす丼をいただきました。最高に新鮮で美味しかったですね。


<淡路島に向かう高速バスです>

 



<イングランドの丘の可愛い植え込み!>


<生シラス丼。超新鮮!!>

 

その後、グランシャリオ北斗七星135°というホテルに向かいました。ここは、1棟1棟のコテージのような建物が部屋になっており、ベランダに出ると、外が見渡せて、とても静かに過ごせます。室内の調度や飾ってある絵なども可愛らしいものが多く、心が和みました。天窓からは日が差しており、夜は星も見えました。ウエルカム・フルーツのプレゼントや冷蔵庫の中身も自由に飲んで良いとのことでした。お風呂は香りのいい檜(ひのき)風呂でした。


<ウエルカムドリンクを頂いたロビーの様子>

 


<グランシャリオ北斗七星135°>

 

 



<お部屋が一棟、一棟独立。静かに過ごせます。>


<部屋の中>


<天窓>


<お部屋のベランダからの景色>


<室内の小物、ゴミ箱>


<室内の小物入れ>






<ハロウィーンが近かったので・・・>

夕食前に、ホテルに隣接するテーマパークの「ニジゲンノモリ」で、ゴジラのアトラクションを体験。ゴジラと一緒に写真撮影したり、動画にしてもらったりしました。お土産などを買っているうちに、夕食の時間になったので、ホテルのスタッフにバンで迎えに来ていただきました。



 

 

食堂は別棟に食べに行きます。地産地消の野菜(玉ねぎが特に有名)や、お魚、お肉を使った料理に舌鼓を打ちました。翌朝もたくさんのふんだんな料理が出て、お腹いっぱいになりました。Oさんとは友人25周年ということで、夕食の席でフルーツの盛り合わせと、ヴァイオリン演奏でお祝いしてもらいました。のんびりした時間を過ごすことが出来ました。



<美味しい淡路ビーフのしゃぶしゃぶ>


<お祝いのフルーツ盛り合わせ>



<朝食風景>

 

帰りは洲本でレンタカーを返して、バスセンターから神戸の三宮までバスで行き、そこからリムジンバスで伊丹空港へ。伊丹から羽田、新越谷まで高速バスで、電車で春日部まで帰ってきました。久々の素晴らしい旅でした!!ホテルの方、現地の方、旅行会社の方に感謝、感謝!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第208回(2022.9.7.)「夕暮れ時はずいぶん涼しい風が吹き、秋の訪れはそこまで来ているようですね!」

 夏休みが終わり、2学期が始まり、みなさん慌ただしい毎日を過ごされているものと思います。このようなとき、ゆっくり、リハビリ期間を経て、もとの生活に戻るのが心身ともに重要ですね。

 

 先日、「異動辞令は音楽隊!」という阿部寛主演の映画を見に行きました。阿部寛扮する、30年のキャリアを持つ鬼刑事が部下へのパワハラや、犯罪捜査のルールなどを型破りに破り、上司への態度も悪く、異動を命じられますが、その異動先が警察音楽隊だったということで、「こんな場所は自分のいるところではない。早く元の刑事に戻りたい」と嘆き、全く練習にも身入らない毎日が続きます。楽器のパートは、子ども時代にお祭りで和太鼓を叩いた経歴から、パーカッションになります。最初は演奏がうまくいかず、パーカッションをひっかけて倒してしまう始末ですが、そのうち、この警察音楽隊を応援し、毎回楽しみに見に来てくれる高齢の女性がいることを知り、その女性から声をかけてもらい励まされます。また、あるときは、高校生の娘と仲たがいしていたのですが、練習に訪れたスタジオでバッタリ、鉢合わせし、そのバンドメンバーと楽しくセッションをして、パーカッションの演奏が楽しくなり、やる気が出てきます。最後にはパワハラで訴えた後輩をも笑顔で許し、コンサート会場での演奏に向かいます。



皆さんも、人生で、自分の意志とは関係なく、理不尽なことに遭遇することもあるかもしれませんが、それは運命の皆さんへの問いかけみたいなもので、この現実をどうとらえて、最善を尽くしていくか(レジリエンスともいいます)が求められているのかもしれません。環境は選べませんが、その事態にどう取り組むか、自分の態度は選べるのではないでしょうか。

ドイツの強制収容所に収監された経験を持ち、家族もそこで失った精神科医のV,フランクルも「態度価値」ということを言っており、選べない運命であっても、自分の態度は選ぶことはできると言っています。しかし、現実に立ち向かっても、1人ではうまくいかないこともあるはず。そんなとき、カウンセリングを利用されてみるのはいかがでしょうか?カウンセリングに来られた人の持つ潜在的な能力を引き出し、自分自身で問題解決に至るようお手伝いさせていただくのが我々の使命であると思っています。

 

ちょっと難しい話になりましたが、先日は、クライエントさん(利用者さん)と沖縄料理の話になり、島ラッキョの味がエシャロットに似ていて美味しいと。私も島ラッキョ、エシャロットどちらも大好きなので、とても話が盛り上がり、ワクワクし、2人とも笑顔になりました。こんなふうに、「カウンセリング」と言っても、一見、「雑談」のようなものの中から、大切なことが見つかったりもするので、どのようなお話でも大事に聞くようにしています。私の師匠の一人、「精神療法の神様」と言われる神田橋條治先生も「雑談療法」を最近では提唱されているとか。映画のお話、本のお話、漫画やテレビ、音楽の話など、いろんなことを自由にお話しください。その中から「宝石」のような大事なものが見つかりますよ!

 

らっきょうのイラスト

 

 

第207回(2022.8.19)「夏休みで、いろいろ楽しんでいま〜す!!」

毎日、暑い日が続いていますが、みなさん、お元気ですか?

 

ベランダに蝉の死骸を見つけると、7年も地中にいて、やっと、地上に出て、自由にミンミン鳴いたり、空を飛んだりしていたのに、7日しか生命が持たないなんて、可愛そうだなと思ってしまいますが、人間の一生だって、80-90歳まで生きるにしても、あっと言う間なのかもしれません。うかうか過ごしていたら、何もしないうちに終わっちゃうかも。そう思ったら、悩んでいるのが馬鹿らしく感じ、毎日、ともかく楽しく快適に、好きなものを食べ、好きな洋服を着て、好きな映画を見て、好きな音楽を聴いてと思いました。



 スクールカウンセリングに行っている木曜日が夏休み中で、友人と出かけ、楽しんで過ごしています。美味しいもの好きの友人だから、一緒にいても、これまで、楽しんでこられたと気づきました。これが、全く、趣味や価値観が違うと、合わせようもなく、続かなかったかもしれません。

高校1年の入学式のときに、出席番号が前後で、どっちから話しかけたか忘れましたが、友人になり、はや50年。50周年祝いと言うことで、渋谷のイタリアンのランチに行って、その後、「デカペラ」という女性2名、男性4人の6人組のボーカルグループのコンサートに行きました。AII Voice All Dizney というキャッチフレーズで、楽器は一切使わず、声で伴奏のボンボンいうドラムみたいな音も表現してしまいます。聞き入っていると、まるで楽器があるかのような錯覚に陥ってしまい、声だけなんだ〜!!とびっくりしてしまう事も。ディズニーの映像がふんだんに流れ、それに合わせて、歌っていきます。「美女と野獣」や、「アナと雪の女王」最高でしたね。

 



3匹の子ブタのアニメに合わせて、アフレコを行ったのも、とても楽しめました!!私はバスの一番低い男性の声に惹きつけられました。この人は、特に楽器を口で表現することが凄い!!ジョー・サントーニと言う名前の方ですね。他のソプラノやメゾソプラノの女性、バリトンとテナーの男性も負けず劣らす素晴らしい。A席でしたが、4階で、舞台が小さくしか見えなかったのが残念でした。次また、コンサートあったら、奮発して、もっと良い席を取りたいです。

友人がディズニーのホテルに泊まったと言うことで、お土産はディズニーのお菓子をもらいました。なんだか、ディズニー三昧でしたね。



第206回(2022.7.16.)「エルビスの映画を見に行きました!!」


 エルビス・プレスリーは子どもの頃、きらびやかな衣装で歌う姿を映像で見た記憶がありますが、それもおぼろげで良く覚えていませんでした。曲はどこかで聞いたことのあるものばかりで、何だか懐かしい感じがします。大学時代、エルビスの訃報を聞き、高校時代の友人が「エルビス・プレスリーはドーナッツ病だったんだって。ドーナッツの食べ過ぎで。太ったらしいよ」というのをずっと信用して、肥満のせいで病気になり、亡くなったと思っていましたが、映画を見て死の真相がわかったような気がします。

この映画を見て、エルビスが育った時代がまだまだ黒人の差別が酷くて、たいへんな時代だったんだなと思いました。自由と民主主義を重んじるアメリカでも、保守的で、女性がエルビスの歌を聞いて、興奮して叫ぶことも許されないような保守的な雰囲気が描かれていました。今とはだいぶ違うと思いました。ロックを普通にあたりまえに、今は楽しんでいますが、黒人の音楽と白人の音楽を融合させてはダメ、分けないといけないという考えがあって、エルビスはそこを壊して、新しい音楽を生み出して、それが現代の音楽に繋がっていることが映画を通してよくわかりました。

主演のオースティン・バトラーが2年間もエルビスの音楽を特訓で練習したというのも見どころでした。素晴らしかった。また、トム・ハンクスの扮する「パーカー大佐」が、エルビスの稼いだお金の50%を自分のものにして、かけ事につぎ込んでいる様子なども、よく描かれていました。エルビスが有名になるためには、この大佐の力はどうしても必要なものだったとは思いますが、海外に演奏旅行にも行きたかったエルビスをラスベガスのショーにくぎ付けにして、自由を奪い、食い物にしてしまったのは残念でしたね。一度は反抗して「大佐」と距離を置いても、やはりエルビスには「大佐」が必要な存在だったようで、また、元のさやに戻り、仕事のストレスから、結果として、死期を早めてしまったのかもしれません。

「クイーン」のフレディ・マーキュリーを描いた「ボヘミアンラプソディー」も大好きな映画ですが、このエルビスも再度、見に行きたいと思うくらい良い映画だと思いました。

第205回(2022.6.14.「5月、6月はイベント続きでした~」

第205回(2022.6.14.「5月、6月はイベント続きでした~」

 

5月20日(金):FB(フェイスブック)で見た、春日部の藤塚にある遠藤邸のバラ園に仕事前、午前中から伺いました‼️素晴らしかった!!手入れの行き届いた、いろいろな種類のバラを堪能させていただきました。本当にありがとうございました。春日部にこんな素晴らしい場所があるとは。癒されます!







 

 

5月29日(日):北越谷の香取神社 神楽殿で開かれる音楽催事でいろいろな方のパフォーマンスを楽しみました。特別ゲストとして、パラグアイのハープであるアルパという珍しい楽器を演奏してくださる演奏家のご夫婦が見えました。ご主人がパラグアイ出身、奥様は日本人の方です。なかなか、聴くことのできない楽器の演奏。16時開始、19時半終了でした。恒例のお楽しみの抽選会もありました。天気も暑いくらいで、初夏の夜を楽しめました。このごろ、音楽を聴くことは本当にストレス解消になるなあとつくづく思います。

<息吹という踊りのグループ。勇壮な踊りでした!!>

<パラグアイのハープの「アルパ」の演奏:スタジオ ソンリーサ>

<スミスとミイの演奏>

 

6月2日:久しぶりの越谷イージーゴーイングス(ライブハウス)。息子が出ていた頃が懐かしい。よく行きました。今回はSpider Tetsuさんのソロを聴きに行きました。今回、出ていた方が、みなさん、ベテラン・実力派ぞろいで演奏のすばらしさにビックリしました。



 

6月9日:久々の完全オフデイ!!お休みで、高校時代からの友人と麻布十番でランチしました。2人とも、麻布十番という駅に降りたことがないので、未知の世界。

 




 孤独のグルメでも出ていたギリシャレストランのミリュウ。人気店らしく、「本日は満席で申し訳ありません」という看板が出ていましたが、予約してあったので、大丈夫。外のテラス席もあったけど、店内の席に通されました。

 昔、六本木にギリシャ料理のレストランがあって、家族でよく利用していたので、なんだか懐かしい感じ。 





 

 

 とりあえず、ランチを頼みました。サラダの後のレンズ豆のスープが、小さなカップに入って出てきましたが、濃厚で絶品でした!!その後の小さなサイズ二つのハンバーグと、添えられていた長い形をしたライスも美味しかったですね。レモンを絞って食べましたが、爽やかでした。その後のギリシャ風のデザートと、プリンも、他では食べられない独特の味でした。ギリシャのビールや、ウゾーギリシャの白濁したお酒ーもいただきました。

 

 その後、道を歩いていたら、十番稲荷神社⛩というのが目に入り、覗くと、紫陽花祭りとあり、いろいろな種類の紫陽花の写真を撮り、お守りを買いました。

 




しばらく、歩いて疲れたので、望月というカフェに。お芋を使ったお菓子のカフェで、焼き芋にバニラアイスが添えられ、塩もつけられていました。かき氷にモンブランがかかっていたり、パウンドケーキにお芋が入っていたり、麻布十番の街並を見ながら、お茶しました。束の間の散策、楽しかったです。

 

6月9日:ブルー三―という毎週、お花を届けてくれるサービスで、切り花を注文。オフィス待合室に飾りました。気づいてくれる方もいて、やはり、お花が卓上にあると違うなと思います。



6月12日(日):「越谷アビーロード」(ライブハウス)が移転になる前の最終営業、ライブということで、仕事が終わってから行きました。スミスとミイや、皆さんの演奏を聴きました!移転前で、ビル(お店のある上の階、特に3階)はすっかり、電気なども取り外されており、これはこれで貴重な風景ですね。味があるというか。

 

 



 

 

第204回「今年のGWは何だか最高でした!!」(2022.5.18)

皆様、今年のGWはいかがお過ごしでしたか?

私は祭日には普段、会えない方とランチして、楽しく過ごしました。

 

5月3日(祭)はGWのお休みで、小渕の「崩し割烹花々さん」にランチで伺いました!!

去年もうかがったのですが、それをちゃんと女将さんが覚えていてくださいました。落ち着いた雰囲気の暖簾で仕切られた半個室で、天ぷら・お刺身、サラダ、茶碗蒸しなどのお重を頂き、連れはステーキ付きで大満足‼️ボリュームたっぷりで、とても美味しかったです。デザートもフワフワのケーキと、生クリーム、イチゴ添え。ご馳走様でした‼️




5月4日(祭)、連休2日目「いかの墨 大宮店」でランチしました!!

だいぶ前にオフィスで実習されていた臨床心理士の昼間弓子先生と。昼間弓子先生は子育てを完了してから心理系の大学院に進学され、臨床心理士を見事に取られたガッツが半端ない先生で私も尊敬しています‼️私よりちょっとだけ、お姉さんですね〜。いつもは着物を着こなし、抹茶🍵もたてられたり。オフィスの実習のときに、何度もたてていただきました!

個室でランチしながら、オフィスの昔話などいろいろおしゃべりし、楽しかったですね〜‼️



 

ランチ後は高島屋デパートの8階の喫茶店でコーヒーをいただきながら、写真を撮りました。良いGWでした〜。明日も、もう1日休みです。

 



5月5日(祭)はGW連休最終日、春日部イオンに買い物に行き、ランチは「さち福や」で金目鯛の煮付けをいただきました‼️美味しかった。大満足。イオン、だいぶ人出がありました。どのレストランも順番待ちをする方がたくさんいました。✨✨✨景気が戻ってきそうですね❗️

 



5
月7日(土)はオフィスを午後お休みいただいて、「スミスとミイ」(音楽ユニット)のミイちゃんと、東京月島に、アルパ(パラグアイの楽器、パラグアイのハープ)のコンサートに行きました‼️楽しかったですね。素敵な音色を堪能しました。パーカッション担当の菅野吉也さんが、私の馬頭琴の師匠の美炎先生と演奏されたことがあると知り、また、ビックリ!!世間は狭いですね。



 コンサート終わってから、初モンジャ焼き体験。楽しくて、美味しかったです。「片岡」という店に行きました‼️大満足!!




5
月8日には息子夫婦から、カーネーションのプレゼント。「母の日」なのだ!!